検温結果をスマホに音波で転送して管理できるオムロンの体温計「MC-6800B」を購入

検温結果をスマホに転送して管理できる体温計「オムロン 音波通信体温計 MC-6800B」が2021年3月25日に発売されたので、発売日に購入してみました。ヨドバシ・ドット・コムでの販売価格は2880円。

MC-6800Bは、音波通信機能を搭載した体温計です。検温した結果を、ヘルスケアアプリ「OMRON connect」に音波で転送し、測定結果を管理できるようになっています。

ここ1年ほどで外出すると何かと勝手に検温される機会が多くなりましたが、筆者は2年半ほど前に引っ越して以来、体温計を持っていませんでした。

非国民なので個人で購入することもないまま過ごしていましたが、日課のTwitter監視業務を行っていたところ、検温結果をスマートフォンに転送して管理できる面白そうな体温計が発売されることを知りました。どうせ新しく買うならちょっと面白い機能が搭載されている方がいいと思い、早速予約。

パッケージ内容は体温計本体とケース、取扱説明書。普通の体温計と変わりません。

外観は普通の体温計という印象。約15秒で検温(予測式)が完了すると、本体から小さく「ジジジジ」という音が鳴り、音波通信が自動的に始まります。

音波通信中の表示と検温結果は交互に切り替わります。

この状態でアプリを起動して転送ボタンを押し、スマートフォンのマイク部に体温計を近づけると、あっという間に検温結果が転送され、アプリに検温結果が表示されます。静かな部屋であれば、1m程度離れていても普通に認識されました。

アプリでは毎日の体温をグラフで確認できるだけでなく、CSVファイルへの出力にも対応しています。また、iOSの場合はOS標準の「ヘルスケア」アプリとの連携も可能です。

一時期は体温計すら購入できない時期があったようですが、今は品薄が解消されているので基本的には選び放題です。せっかく毎日検温しても、結果の記録が面倒くさい……という方でも、これなら手軽に長く記録を続けられるのではないでしょうか。

なお、どうやらたくさん売れているらしく、ヨドバシなど一部の店舗では在庫切れ状態が続いているようです。

外部リンク:製品情報(オムロン ヘルスケア)