PayPay、LINE Payなど複数のQRコード決済がゲートウェイサービスの障害で利用しづらい状況に 現在は復旧済み

日本ユニシスの子会社であるキャナルペイメントサービスは、2月12日12時10分頃から発生した、同社が提供するコード決済ゲートウェイサービスにおける障害について、16時10分に復旧したことを明らかにした。

2020年2月12日 【障害情報】サービス障害発生(復旧済)
このたび、弊社がご提供しているコード決済ゲートウェイサービスの障害により、2月12日12時10分頃から16時10分の間で、各加盟店様店舗におけるお客様のコード決済サービスがご利用し辛い状況が発生しておりました。
弊社のコード決済ゲートウェイサービスをご利用のお客さまにご不便とご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申しあげます。

http://www.canalpayment.co.jp/

キャナルペイメントサービスは、複数のスマートフォン向け決済サービスの提供事業者を仲介するゲートウェイサービスを提供している。

障害発生時、TwitterのPayPayやLINE Payのサポートアカウントでは接続事業者の障害を案内していた。

なお、同社のQRコード決済向けプラットフォームはPayPay、LINE Pay、d払いのほか、Alipay、WeChat Pay、楽天ペイ、Origami Pay、メルペイ、bitFlyerに対応する。

外部リンク
CANAL Payment Service
http://www.canalpayment.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です