Galaxy HarajukuでGalaxy S10用のケースを無料で作ってきた

2019年3月に東京・原宿にオープンしたGalaxyのショールーム「Galaxy Harajuku」で、Galaxy S10/S10+/Note9を持っているユーザーは無料でオリジナルのケースを作ることができます。

実際に「Galaxy Harajuku」に足を運び、Galaxy S10用のケースを作ってきました。

「Galaxy Harajuku」の地下1階、カスタマーサポート&ショップコーナーの一角に「My Galaxy Cover」コーナーが小さく設置されています。

「Galaxy Harajuku」地下1階の「My Galaxy Cover」コーナー

ケースの作製は、キオスク端末で希望のデザインを選択し、カウンターで完成したケースを受け取るという流れ。

最初の画面でケースを作製する端末を選択します。対応端末はGalaxy S10/S10+/Note9の3機種です。

ケースを作製したい機種の画像を選択します

ケースの背景を選択できるほか、ステッカーによるアレンジや手描きのスケッチを追加することもできます。

背景の選択
ステッカーの追加も可能
備え付けのSペンを利用したお絵かきも可能
カスタマイズが完了した

完成したら受け取り時のニックネームを入力し、申し込むことで受付完了です。ここで設定した名前を名乗ることになるので受け取るときに恥ずかしくない名前にしておく方がいいかもしれません。

20分後にカウンターを訪れるよう指示されます。筆者が実際に利用した時は閉館間際で雨が降っていたということもあってか、10分もかからず完成していました。

完成したケースはこちら。

完成したケース

ケースにはストラップホールも用意されています。しばらく使用していると割れてしまいそうな見た目をしていますが、無料でもらえるケースなので仕方がなさそうです。

Galaxy S10に装着したようす

「Galaxy Harajuku」について

「Galaxy Harajuku」は地下1階から6階までのフロアに最新機種やVR機器の常設展示のほか、カフェやGalaxy製品を利用した無料の体験アトラクション、修理センターが併設されています。

1階のウェルカムカウンターにて「Buddy(バディ)端末」を借りることができ、フロアガイドやアトラクション体験時にもらえるポイントの管理に利用します。

端末を借りるには本人確認書類の提示が必要で、貸し出された端末はGalaxy S10でした。

館内のコンテンツはかなりの量が用意されており、全部を体験しようとするのであれば早めに行くことをおすすめします。

営業時間は毎日11〜20時で、場所は渋谷区神宮前1-8-9。明治神宮前〈原宿〉駅の5番出口から徒歩3分ほど、原宿駅からは徒歩7分ほどです。

「Galaxy S10 SC-03L」レビュー

2019-06-02

外部リンク
Galaxy Harajuku
https://www.galaxymobile.jp/explore/experience/galaxy-harajuku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です